Blog施設整備

計画・設計の支援をした気仙沼図書館が開館

アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG、以下弊社)が、「気仙沼図書館災害復旧事業及び(仮称)気仙沼児童センター整備事業」の設計を受託した株式会社岡田新一設計事務所(https://www.os-a.co.jp/cms/)の協力会社として、計画・設計の支援をした気仙沼図書館(http://www.kesennuma.miyagi.jp/li/life/060/020/)が再建され開館しました。

1969年に建てられた旧図書館は、2011年3月11日に発生した東日本大震災の影響で1階の一部と2階全体が使用不可能になっていましたが、今回災害復旧事業として鉄筋2階建てで、図書館と気仙沼児童センターが併設した施設として再整備されました。

2018年3月31日(土)のオープニングの日には、図書館の再開を待ちに待った市民であふれかえっていました。特に、子どもたちが一斉に図書館に駆け込んできました。図書館が利用できなかった空白の時間を埋めるかのように本を読んでいる子どもたちの姿がありました。

オープニングは一つの通過点にしかすぎません。これからも弊社は東北の図書館の復旧・復興の先まで支援をしていきます。

<関連サイト>
「<気仙沼図書館>知と憩いの場一新 現地再建、カフェも併設」(河北新報、2018-04-01)
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201804/20180401_13007.html