ゲームセンター

ゲームセンター

ゲームセンター

図書館でゲームをすることは、いけないことと思われがち。でも、「遊ぶ」ことと、「学ぶ」ことは相反するものじゃなく、「遊ぶように学ぶ」ことも、「遊びながら学ぶ」こともできるはず。

たとえば、佐賀県にある伊万里市民図書館では、図書館で囲碁や将棋を貸し出しています。お年寄りにとって図書館は交流の場。子どもたちも興味深々でお年寄りから囲碁を習います。テレビゲームを導入している図書館だってあるんですよ。富山県富山市の「こども図書館」には、なんと体を動かして遊べる巨大なテレビゲームが設置されています。黄色とオレンジを基調にしたインテリアも、まさにゲームセンター気分!

かつて、まちと共存するようにあったゲームセンターも、世代や職業の境を越えたコミュニケーションの場として機能してきました。若者だけでなく、シニア層の利用も増えているようです。「ゲームはダメ!」と頭ごなしに否定する前に、ゲームを通して得られることを考えてみませんか?