西ノ島町コミュニティ図書館「いかあ屋」

離島にできたコミュニティ図書館

日本海に浮かぶ島根県の離島・西ノ島に初めてできた図書館「西ノ島町コミュニティ図書館 いかあ屋」(以下、いかあ屋)は、2018年7月にオープンしました。

西ノ島町コミュニティ図書館「いかあ屋」

約1,000平方メートルの木造平屋の建物には、収蔵冊数最大5万冊の図書館のほか、ゆったりと本が読める「書斎」、掘りごたつのある「いこいのへや」、小さい子ども向けの「こどものへや」、海の見える窓に向かってソファーが並ぶ「縁側カフェ」など、それぞれの目的で来訪した人たちが一つ屋根の下で集える空間が広がっています。

argは、2016年に株式会社丹羽建築設計事務所の協力企業として「西ノ島町コミュニティ図書館基本計画・基本設計・実施設計業務」からプロジェクトに参加。町民の方々と一緒に、図書館づくりの伴走をしてきました。

いかあ屋の図書館エリア

当時の話を、プロジェクトを担当した下吹越と李と振り返ってみます。

図書館と公民館の機能を併せもつ施設

いかあ屋の正式名称には「コミュニティ図書館」という名称が付いています。先進的な図書館をイメージするネーミングですが、これは、基本計画に先立つ基本構想が策定された段階で既に発案されていたと、下吹越は話します。

「西ノ島には、公民館や寄り合いで、まちの人が集って話し合ったり、囲碁やゲームをしたり、お茶をする文化はありましたが、図書館は無いため図書館を使う文化そのものがありませんでした。ですので、図書館単体の施設を作っても、利用が進まない可能性があることから、図書館と公民館の機能を併せもつような施設にしようという基本構想がつくられ、『西ノ島町コミュニティ図書館』と名付けられました」

のれんも含めた図書館のトータルデザインは、地元出身のデザイナーによるもの

「コミュニティ図書館という名前を見たときに、すごくいいなと思いました。図書館が無かったからこそかもしれませんが、本がずらりと並び、子どもたちが静かにしなさいと言われる、いわゆる古典的な図書館像にとらわれることなく、新しい図書館像を自分たちでつくっていうという気持ちが表れているように感じました」

西ノ島らしい図書館づくり

西ノ島は、隣接する中ノ島(海士町)、知夫里島(知夫村)とともに隠岐諸島の島前と呼ばれています。三島のなかでは唯一病院があり島根県島前集合庁舎もある生活インフラとしての中心的な島です。

「島前の三島のなかで一番人口が多く、生活インフラの基盤があるという特徴を捉えたうえで、島を自分の足で歩き、町民のみなさんへ事前リサーチをするなかから、西ノ島らしい図書館のコンセプトを考えていきました。そうして我々がプロポーザルの際に提案したコンセプトは、『西ノ島の暮らしを支えるまちの居間[西ノ島みんなの家]』になりました」

西ノ島町の別府港へ入港する隠岐汽船

ワークショップから「縁側カフェ」へ

当初、オフィシャルに計画されていたワークショップは3回でしたが、その後「縁側カフェ」というよりカジュアルな話し合いの場が始まります。

「ワークショップでは、ここで何をしたいか、どんなことができるといいかを丁寧に探っていきました。ただ、急に外部のファシリテーターが来てオフィシャルな場でワークショップを開催しても、参加者はなかなか話しづらいものです。そこで、率直な意見を引き出すために、私たちはよりカジュアルな話し合いの場『縁側カフェ』を企画しました」

西ノ島町中央公民館の和室で開催された縁側カフェ

「『縁側カフェ』は月1回の頻度で開催し、お茶を飲みながら和室でまったりと話し合える雰囲気をつくり、こういうことができたらいいよね、こうなったらいいね、という西ノ島の未来について話てもらい、そこで得られたヒントを計画や設計へ落とし込んでいきました」

「実は『縁側カフェ』は、開館後に行われるオープンな話し合いの場を開館前から始めるというコンセプトで生まれました。こういった話し合いの場は開館後も必要になります。実際に使ってみてわかることもあり、やっぱりここは違うという話もでてくるものです。そういうときに、町民のみなさんが図書館について話し合える文化が根付いていることが、施設の運用のあり方そのものに関わると考えていました。ですので、『縁側カフェ』は開館後も町民の方々によって運営が続けられています」

継続的なオープンな話し合いの場づくり

公共の施設のあり方については、立場や考え方の違いから、どうしても対立する意見がでてくる場合があります。

「我々は、どのような意見をもつ人でも参加できるオープンな話し合いの場をつくり続けていくことが重要だと思っています。ですので、縁側カフェは誰でも参加できるこ、どんな意見の人でも参加できることを意識して、何度も何度も町に周知してもらいました」

いかあ屋で開催された縁側カフェ

「オープンな話し合いの場を続けていくと、参加した人が周りの人にも声をかけていくことで参加経験者が増えてきます。参加経験者が増えると反対意見をもつ人の側でも図書館のことが話題にあがり、ポジティブな話が広がっていきます。そうすることで、話し合いの場の外でも町民同士の議論が生まれ、受け入れられてくプロセスが生まれていたのではないかと思っています」

実現していくプロセスをオープンにする

新しい図書館づくりの場合、基本計画の策定と基本設計・実施設計業務は別々のプロポーザルで行われることが多いのですが、西ノ島町の場合は、同時に行われました。主に設計とのつなぎ役を担っていた李は、次のようなメリットがあったと言います。

「結果として町民の方々とのワークショップや縁側カフェを通じて出てきた意見を、直接設計へ反映させながら図書館づくりが進められました。町の了解が取れた時点で、『今はこんなかたちで進んでいますよ』と、設計側でつくった図面やCGを縁側カフェで発表することができました。もちろん、希望が100%叶うわけではありませんが、自分たちの発言が生かされていくことを感じながら参加してもらえていたと思います」

縁側カフェは設計と並行して継続的に開催された

島だからこそ「一人になれる場所」が欲しい

島のみなさんからの意見で、印象的だったことを聞くと、下吹越から次のような答えが返ってきました。

「高校生や大人の方からの『一人になる場所がない』という意見は、衝撃でした。20分ほどあれば回れてしまい、どこへ行っても知り合いに会ってしまうという島の空間は、息苦しさを感じることもあると、言われてみて初めて気づきました。何人もの人から聞く意見だったので、この解決になる空間を図書館のなかに何とかつくれないだろうかと考えていました」

「一つの解決策として、いかあ屋の一番奥にある公開書庫に、ゆったりとした一人掛けの机をつくりました。背後に本棚があり、奥に座る人が見えません」

「また、書斎の席の間隔も、隣に人がいても落ち着いていられるくらいの距離感を保てるよう広めにつくられています。この距離感はこれまで島にあまり無かった距離感なんです。個室ではない場所でも隣との距離感で、一人になっていることを感じてもらえるように工夫をしました」

一人の空間をつくれる「書斎」

みんなの家

開館後、下吹越が訪れたときの図書館の風景を思い出し、懐かしそうに話してくれました。 「公開書庫の奥の席で、高校生がイヤホンを付けながら勉強をしている姿を見かけました。何か一人で作業に没頭したいときに使ってもらえる場所になったかなと感じました。一方、掘りごたつのある部屋は、地元の中高生に人気で、それまで図書館には寄りつかなかったような子どもたち、本とまったく接点がなかったような子どもたちが集まり、携帯を充電しながら雑誌や漫画を読んでいる風景は、まさに『みんなの家』の居間みたいでした」

掘りごたつがある「いこいのへや」

開館後の図書館との関係

図書館がオープンしたあと手がけた図書館との関係はどのように続いていくのか、李に聞きました。

「開館初年度は、西ノ島町コミュニティ図書館管理運営等支援業務を受託し、開館してから発生している管理の問題だったり、具体的な展示の方法などの相談を受けました。開館後も二回足を運んでいます」

「翌年からは、オフィシャルな契約はありませんが、司書の真野さんを通してコミュニケーションは続いていますし、先日は、ほかの自治体の参考のため、縁側カフェの取り組みのヒアリングをさせてもらいました。図書館づくりは開館して終わりということはありません。もし何かあれば我々は応援しますし、いつでも行ける体制を整えています」

美しい海を一望できる「縁側カフェ」

(2020/10/05取材 酒井直子)

西ノ島町コミュニティ図書館 いかあ屋
https://nishinoshimalib.jp/

開館日:2018年7月21日(土)
住所:島根県隠岐郡西ノ島町浦郷67-8
面積:約1,000平方メートル
収蔵冊数:最大5万冊