Blog施設整備

法人としての第9期の終了、第10期の開始

アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG、以下弊社)は、2018年8月31日をもって法人としての第9期が終了し、この2018年9月1日から第10期が開始となりました。

第9期では、事業の展開のみならず、2017年10月1日をもって、法人体制を変更し、従来の創業者である岡本真が唯一の株主であり役員である体制から複数人が株主と役員を兼任する体制へと移行しました。この体制変更を受けつつ、2018年1月、4月、9月にはそれぞれ社員として新たな仲間を迎えています。またこの8月下旬にはオフィスを移転・拡張しています。

なお、第9期では従来から継続の事業・業務に加え、以下の5つの公募プロポーザルで選定いただき、業務にあたっています。
・松原市新図書館建設事業における設計及び施工者選定に係るプロポーザル
・(仮称)くろべ市民交流センター管理運営計画策定支援業務プロポーザル
・柏市図書館のあり方策定支援業務に関するプロポーザル
・静岡県「新県立中央図書館基本計画策定支援業務」プロポーザル
・(仮称)富谷市民図書館整備基本計画策定及び設計プロセス策定支援業務に関するプロポーザル
また、
・国際会議The 23rd annual meeting of the Intelligent User Interfaces Community(ACM IUI2018)
・株式会社リクルートテクノロジーズ向け社内勉強会
の開催支援や、
・福智町立図書館・資料館「ふくちのち」の最終報告書・提言書の策定
・掛川市立図書館の未来を描く職員・市民ワークショップの開催
・県立長野図書館「信州・学び創造ラボ」空間デザインコンセプト検討ワークショップ開催
の支援等に新たな取り組みました。
そして、
・気仙沼図書館(2018年3月)
・西ノ島町コミュニティ図書館(2018年7月)
がオープンしています。

組織としての規模もオフィスの移転・拡張が必要な程度には大きくなり、企業としての安定性も増した1年であったように思います。とはいえ、これからの第10期も、まだ新進企業であることを自覚し、安定に安住せず、常に意欲的・挑戦的であり続けてまいります。弊社に関係・関心をお持ちいただいているみなさまには引き続き、ご理解とご支援を賜れますと幸いです。