Blog情報システム施設整備

横浜市、Readyforと3者協定を締結し、横浜の地域まちづくり活動を対象としたクラウドファンディング活用支援事業を開始

アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG)は横浜市、Readyforと3者協定を締結し、横浜の地域まちづくり活動を対象としたクラウドファンディング活用支援事業を開始しました。

・横浜市 – 地域まちづくり活動を対象としたクラウドファンディング活用支援事業<試行>
https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/machizukuri-kankyo/toshiseibi/suishin/sasaeru/crowdfunding.html

アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG、以下弊社)(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:岡本真)は、横浜市(市長:林文子)、日本初・国内最大級のクラウドファンディングサービス「Readyfor」を運営するREADYFOR株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役CEO:米良はるか)と3者協定を締結(以下、「本協定」)し、地域まちづくり活動を対象としたクラウドファンディング活用支援事業を開始します。第1号プロジェクトとして「子育てママ達の挑戦!中村町にみんなで支え合う拠点づくり!」で支援金を募集しています。

横浜市では、「横浜市地域まちづくり推進条例」に基づく支援策として、2005年から「ヨコハマ市民まち普請事業」(※1)を行い、これまで横浜市内の50件の整備提案に対して助成金の交付を実施してきました。新たに、民間資金であるクラウドファンディングを活用した支援事業を施行します。本協定により、横浜市内の地域まちづくりの取組を充実・展開させていき、地域まちづくり活動に対してのクラウドファンディング活用を推進してまいります。
※1 横浜市民が地域の課題解決や魅力向上を図るために整備する施設への整備費の助成事業。二段階の公開コンテストで選考された提案に対して、次年度に最大500万円の整備助成金を交付します。

■本協定について
本協定では、2013年以降の「ヨコハマ市民まち普請事業」の整備団体を対象として、横浜市がクラウドファンディングで資金を集めたいまちづくり団体からの相談を受け、ARG およびREADYFOR株式会社とのマッチングの機会を提供します。ARGとREADYFOR株式会社は、まちづくり団体の資金調達の成功に向けて、クラウドファンディングプロジェクト内容の検討、アドバイスを行います。

■第1号クラウドファンディングプロジェクト概要
「子育てママ達の挑戦!中村町にみんなで支え合う拠点づくり!」
実行者:津ノ井 美晴
目標金額:180万円
形式:購入型/All or Nothing
公開期間:2019年4月24日(水)~6月28日(金)23時
資金使途:改修費など
概要:「地産地消」ならぬ「地力地生」
横浜市中村町の子育てママたちが、子どもを育て子どもや地域を見守りながら、自分たちの働く場を自ら作る。
URL:https://readyfor.jp/projects/omoiyaritai


横浜市に立地し、社員の半数近くが横浜市民である弊社としては、本協定に基づき、横浜での地域まちづくり活動のお役に立っていければと願っています。第1号プロジェクトである「子育てママ達の挑戦!中村町にみんなで支え合う拠点づくり!」にご支援賜れれば幸いです。また、地域まちづくり活動における資金調達の初期相談についてはお気軽に弊社までご相談ください。

<関連記事>
・横浜市 – ヨコハマ市民まち普請事業による整備団体をサポートする新たなまちづくり支援を開始します! 地域まちづくりへのクラウドファンディング活用 第一号
https://www.city.yokohama.lg.jp/city-info/koho-kocho/press/toshi/2019/0508crowdfuning.html
・READYFOR株式会社 – 「Readyfor」が横浜市、ARGと3者協定を締結
https://readyfor.jp/corp/news/110

<案内>
アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG)採用情報