Blog刊行物

弊社代表岡本真の新著『未来の図書館、はじめます』刊行、第20回図書館総合展で先行販売

2018年11月2日(金)に、アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG、以下弊社)代表の岡本真の新著『未来の図書館、はじめます』が青弓社より刊行されます。

約2000館の図書館等の文化施設を実際に訪問し、また実際に図書館整備・運営の支援に関わってきた岡本が、地方自治体が抱える課題や論点、図書館整備計画の読み方、図書館整備の手法等、図書館整備全般のポイントを具体的に述べています。図書館職員や図書館整備に関わる行政担当者はもとより、図書館政策のご関心を持つ市民、首長、議員の方々に手にしていただきたい一冊です。お買い求めいただけますと幸いです。

なお、10月30日(火)から11月1日(木)まで、パシフィコ横浜で行われる第20回図書館総合展の弊社ブースで特別価格での先行販売を行います。10月31日(水)13:00から14:00まで、「『未来の図書館、はじめます』出版記念イベントトーク&即売会」も開催します。ぜひ、弊社ブースにお立ち寄りください。

第20回図書館総合展にARGブース「ARGパーク2018~新しい公共をつくる広場~」を出展
https://arg-corp.jp/2018/10/02/libraryfair-43/

<関連リンク>
『未来の図書館、はじめます』(青弓社)
四六判、210ページ、並製
定価:1944円(税込み)※上記の先行販売では1500円(税込み)の特別価格を設定
ISBN978-4-7872-0069-3 C0000
https://www.seikyusha.co.jp/bd/isbn/9784787200693/
Amazon経由での購入はこちらからお願いします。
https://www.amazon.co.jp/dp/4787200690

[目次]
序章 なぜ「はじめます」か? ‐ 「はじめに」に代えて
1 図書館プロデューサーとしての八年余
2 よくいただく相談
3 図書館を考える「勘どころ」
4 なぜ「はじめます」か?
5 なぜ、「はじめる」なのか?
6 図書館をはじめるということ ‐ 「整備」と「運営」と
第1章 図書館をはじめるための準備
1 先行する知見にまなぶ
2 図書館の見学
3 さまざまな資料
4 実際の計画を知る
5 図書館をはじめる準備を終えて
第2章 図書館整備の背景・課題
1 図書館整備の背景
2 図書館整備の課題
第3章 図書館整備の手法と進め方
1 図書館整備の手法
2 図書館整備の進め方
第4章 図書館整備にあたってのFAQ
1 どのように市民の意見を集約するのか?
2 そもそも、何をどこまで委託すべきなのか?
3 市民協働は必要か?
4 オーナーシップとイコールパートナーシップ ‐ 「ひとごと」から「私たちごと」へ
おわりに ‐ とりあえずの「まとめ」として
補論 図書館のデザイン、公共のデザイン 李明喜
1 図書館でのデザインとは何か?
2 図書館のプロダクト・デザインの変革はブックトラックから始まる
3 これからの図書館・公共施設づくりと地域デザイン
付録 再録「まえがき ‐ 図書館は知の番人だ」 ‐ 『未来の図書館、はじめませんか?』から
ARGが関わった図書館整備・図書館運営支援の業務一覧